やめ知識 やめ知識

退職を1ヶ月前に伝えると怒られた!非常識だと言われないための対策

退職を1ヶ月前に伝えると怒られた!非常識だと言われないための対策
この記事の監修者
新野 俊幸(「退職代行」専門家)
自身が会社を退職する際に苦しんだ経験から、日本初の退職代行サービス「EXIT」を2017年に開始。「退職で苦しむ人をなくしたい」という思いで、退職代行を日本に広め続けている。

退職する1ヶ月前に上司へ退職したい旨を伝えた結果「1ヶ月前に伝えるなんて非常識だ」と怒られた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

1ヶ月前に退職を伝えているのにも関わらず「非常識だ」と怒られてしまうと、どうすれば退職できるのかが分からずに悩んでしまう方もいらっしゃると思います。

本記事では、1ヶ月前に退職を伝えると怒られてしまう理由や、怒られないための対策、怒られてしまった時の対処法などを解説していきます。本記事を読むことで、退職を伝える適切なタイミングを把握することができ、「非常識だ」と思われずに退職するための参考にしていただければと思います。

退職を伝えるタイミングはいつが適切なのか?

退職を伝える適切なタイミングを、以下の2つの項目で解説します。

  • 法律上の定めとしては2週間までとなっている
  • 非常識ではないとされるタイミングは1ヶ月以上前

退職を伝えるための適切なタイミングを把握しなければ、円満退職が実現しにくくなります。ここで解説する内容を参考にした上で、退職を伝えるのはいつが適切なのかを理解しましょう。

法律上の定めとしては2週間前までとなっている

民法627条では、2週間前に会社へ退職の意思を伝えれば退職できると定められています。なので、まずはしっかりと法律によって退職する権利は認められていることを認識しておくことが重要です。

しかし、一方でこれは法律上の話であり、実際には会社へ2週間前に退職の意思を伝えたとしても、全てのケースにおいてスムーズに退職できるとは限りません。場合によっては「非常識だ」と怒られるなんてこともあるでしょう。

参照:民法|e-Gov法令検索

非常識ではないとされるタイミングは1ヶ月以上前

法律上は2週間前までの通達とありましたが、一般的に退職を伝える適切なタイミングは1ヶ月以上前と言われています。なぜなら、多くの企業の就業規則で「退職は1ヶ月前に申し出ること」と定められているケースが多いためです。

なので、1ヶ月前に会社へ退職の意思を伝えること自体は、そこまで非常識ではないと言えるでしょう。ただこれは、あくまでケースが多いというだけの話であって所属している会社によっては非常識と言われてしまうことも可能性としてはあります。

例えば、繁忙期を直前に控えている会社で1ヶ月前に退職を伝えた場合、「繁忙期直前に退職を伝えてくるなんて非常識だ!」と言われてしまうことは想像に難くありません。繁忙期に辞められると人手が減ってしまい、その分他の社員への負担が多くなりますし、会社にとってもリスクとなり得ます。

繁忙期の前は特にどの企業も人手が欲しく、採用活動も困難なケースも多いため、退職希望をその時期に当ててしまうことは得策ではないでしょう。円満に会社を退職したい場合は、なるべく繁忙期を避けたうえで退職を伝えることが重要かもしれません。

結論としては、最低でも1ヶ月前までに伝えることがタイミングとしては適切です。ただし、繁忙期中や差し掛かっている時は、更に余裕を持って伝えるべきでしょう。また就業規則も会社によって様々なので確認する必要があります。最低1ヶ月前をベースにあなたの会社の状況を鑑みて最適なタイミングを見計らってください。

1ヶ月前に退職を伝えると怒られてしまう理由を考察

1ヶ月前に退職を伝えて怒られる理由として、以下の7つが挙げられます。

  • 引継ぎが間に合わない可能性がある
  • 就業規則に違反している
  • 退職の手続きが面倒くさい
  • 会社にとって大きな損失
  • 辞めるタイミングが悪い
  • ストレス解消のために言われている
  • 辞めることに嫉妬している

ここで解説した理由を参考にして対策を練ることで、1ヶ月前に退職を伝えたとしても怒られないように準備しましょう。

理由①引継ぎが間に合わない可能性がある

1ヶ月前に退職を伝えると怒られてしまう理由として、引継ぎが間に合わない可能性があります。退職が決定した場合、退職日までは通常業務をおこないつつ、更に引継ぎ業務を進めていく必要があります。

引継ぎ業務は、あなたが退職した後も問題なく円滑に業務を進められるようにするための非常に重要な業務です。

引継ぎ業務を実施しなければ、あなたの後任の担当者はどんな業務をしなければならないのか、またどこまで業務を進めたのかなどを把握できないため、通常業務をストップしてでも引継ぎ業務を優先的に実施する場合などもあります。

当たり前ですが今まで行っていた業務に追加して、引き継ぎ業務を行う必要が発生するため、仕事量は増えてしまいます。そのため、引き継ぎの業務を完遂することを考えた時に、1ヶ月で足りるのか、それでは足りないのかが重要なポイントとなり、仮に足りなかった場合には、「非常識だ」という判断をされてしまう、また怒られてしまうケースがあるのです。

理由②就業規則に違反している

当たり前ですが、就業規則に違反していれば怒られる可能性があります。職場によっては、就業規則で「退職する3ヶ月前までに申し出をしてください」と定められている場合があります。

就業規則で退職するまでの期間が長く確保されているのには、理由があります。業務の難易度が高い場合などは、引き継ぎ業務に長く時間がかかることもあるでしょう。また、これまでの退職者のデータや経験則から1ヶ月での引き継ぎは困難だ、など企業側がリスクヘッジするために適切な通達期間を設けていると考えられます。

退職者が出ても、会社としては業務を円滑に回せるように、いつまでに退職の意思を伝えるべきなのかを定めているので、それを違反することはタブーです。

こういった理由で、1ヶ月前に退職を伝えても怒られてしまったというケースは十分に考えられます。一度、就業規則をしっかりと確認しましょう。

理由③退職の手続きが面倒くさい

就業規則どおりに1ヶ月以上前に退職を伝えたとしても、会社によっては退職の手続きが面倒なため、反感を買ってしまい、怒られるといった可能性も考えられます。退職希望者が出た場合、担当部署は下記などの業務が発生します。

  • 退職時の社会保険や雇用保険の脱退手続き
  • 住民税・所得税関連の手続き
  • 従業員が退職する月の各種保険料や税金の計算

退職者が出なければ発生しない業務のため、心情としては「面倒だな」という感情が生まれてもおかしくはありません。とはいえ、退職の手続きが面倒くさいことを理由に会社を辞めたい社員に対して怒るのは、どちらかといえば会社が「非常識」です。法律的にも、就業規則的にも定められている範囲で、退職希望を通達しているのであれば、あなたが気にする必要はありません。少ないとは思いますが、もし退職の手続きが面倒くさくて退職の手続きがうまく進めてもらえないなどのトラブルが発生する場合は、退職代行サービスの利用を検討し、スムーズに退職できるようにサポートしてもらうのも一つの手段です。

理由④会社にとって大きな損失

優秀な人材が退職すると会社にとって大きな損失になるため「もっと早く退職することを伝えてほしかった」と怒られる可能性も考えられます。優秀な社員が退職することで職場には、以下の3つの悪影響をもたらす可能性があるからです。

  • 生産性が低下する
  • 連鎖離職につながる
  • モチベーションが低下する

いきなり優秀な社員が退職することで、ただ単に一人の社員が辞める以上に、業務へのインパクトは大きい可能性があります。また、優秀な社員が辞めるとなると、同じ部署の社員などが不安に感じて、連鎖離職につながる恐れや、チームの士気が低下してモチベーション低下へとつながることなども考えられます。

優秀な社員も、退職することは普通にあるので仕方ないことですが、会社側としては大きな損失につながりかねないためその分激し目のリアクションを受けてしまう可能性があります。これも、感情的な部分が要因だったりしますので、仕方のない部分がありますが、そう言った可能性もあるということを事前に認識しておき、実際にその場面に出くわしてもあまり気にしないことが重要です。

理由⑤辞めるタイミングが悪い

1ヶ月前に退職を伝えたとしても辞めるタイミングが悪かったら、怒られてしまいます。先にも挙げたように、会社が繁忙期のタイミングで退職をしてしまうと、人手が1人減ってしまうので円滑に業務を回すことが困難になります。

円満に会社を退職したい場合は、辞めるタイミングをしっかりと考慮した上で退職を伝えるようにしましょう。

理由⑥ストレス解消のために言われている

退職を伝えて怒ってくる理由のなかには、感情的になっているため「非常識だ」と言ってくる場合があります。仕事で失敗したタイミングや、業績が悪い、また仕事だけではなく私生活がうまくいっていないなど、伝える先の上司も人間でその時々に色々な感情が発生していると思います。例えば仕事がうまく行っていなくてイライラしているタイミングで、あなたが退職を伝えてきたらどうでしょう。ストレスも溜まっているタイミングのため、あなたに対して激昂することで幾分かストレスの発散・解消につながっているかもしれません。

ただ、これも感情によるところであなたが悪いわけではないので気にせずに退職に向けて進むだけです。ケースとしては発生することがあるので、事前に伝えるタイミングが悪くないか(上司の機嫌が明らかに悪い時は、伝えるタイミングを変えるなど)を確認すると余計な叱責にあたらずに済みますので、良いかもしれません。

理由⑦辞めることに嫉妬している

上司の中には、あなたが会社を辞めることに嫉妬することもあり得ます。「ストレス解消のため」と似ているのですが感情によるところに関係した怒りです。自分は辛い中毎日仕事をしているのにも関わらず、簡単に退職するなんて許せないという感情から怒りが発生してしまうのです。

部下が退職することに嫉妬している場合は、何ヶ月前に退職を伝えても怒られると思います。この場合も気にする必要はないでしょう。逆に、そんな上司の下で働いていることをリスクに考え、早く退職してもっと良い上司の下で働いた方があなたのためです。

こういった感情的な理由が原因で退職手続きが進められないということがあれば、ぜひ退職代行サービスを利用して上司と直接話をすることなく会社を辞めるという選択も検討してみてください。

1ヶ月前に退職を伝えても怒られないための対策

1ヶ月前に退職を伝えても怒られないための対策として、以下の3つが挙げられます。

  • タイミングを見計らって退職する
  • 怒られない退職理由を伝える
  • 丁寧なコミュニケーションを心がける

しっかりと対策をすれば、1ヶ月前に会社へ退職を伝えたとしても怒られずに済みます。ここで解説した対策を実践し、1ヶ月前に退職を伝えても怒られないようにしましょう。

対策①タイミングを見計って退職する

まず最初の対策は、タイミングを見計らって退職することです。特に繁忙期や人手不足のタイミングに退職すると、ほかの社員の業務量が多くなってしまうため、このような時期は極力避けた方が良いでしょう。

繁忙期以外の時期に退職を希望したり、人材が十分に確保されたタイミングを見計らって退職を伝えたりするとよいでしょう。1ヶ月前に退職を伝えても怒られないようにするために、退職するタイミングを見計らうように心がけてください。

また伝えるタイミングも気にしてみてください。上司も人間なので、感情の浮き沈みがあると思います。あえて沈んでいる時に伝えるべき話ではないかと思いますので、お互いに余裕のあるタイミングで話すことができれば、余計な叱責などを受けずに済みますので参考にしてみてください。

対策②怒られない退職理由を伝える

1ヶ月前に退職を伝えても怒られないようにするために、怒られない退職理由を伝えるとよいでしょう。具体的な怒られない退職理由として、以下の2つが挙げられます。明らかな嘘はおすすめしませんが、少しでも該当する部分があれば、手段の一つとして検討しても良いかもしれません。

  • 慢性的な体調不良
  • 親の介護を中心とした家族の事情

退職理由が体調不良の場合は、無理して働かせるわけにはいかず前々から予測できる事情でもないため、1ヶ月前に退職を伝えても怒られにくいです。ただ、完全な嘘になると色々と突っ込まれて逆に窮地に陥りますので気をつけてください。

また、親の介護を中心とした家族の事情は会社側が説得して働かせることもできないので、了承してもらいやすいです。説得力のある退職理由について具体的に把握したい方は、下記のページを参考にしてください。

説得力ある最強の退職理由は?引き止められない仕事を辞めるおすすめの嘘

対策③丁寧なコミュニケーションを心がける

1ヶ月前に退職を伝えても怒られないようにするために、上司と丁寧なコミュニケーションを心がけるようにしましょう。上司へ退職理由を伝える際のコミュニケーション不足で「非常識だ」と怒っている可能性があるためです。

丁寧なコミュニケーションを心がけたうえで、退職理由を伝える際は、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 直属の上司に口頭かメールで個人面談のアポイントを取る
  2. 個人面談の場で単刀直入に会社を退職したいことを伝える
  3. 退職が決まったら、退職届を提出する

退職を上司へ伝える際は、なるべく個人面談のアポイントを取りましょう。退職は非常に重要な話かと思うので、ちゃんとした場で話すべきです。また重要な話なので、個人面談として会議室などで伝達できれば、退職情報の漏洩も防げます。退職の情報は格好の噂話なので、一回漏れてしまうと歯止めが聞きません。会社にとっても、変な形で退職者情報が漏洩することはリスクなので、その辺りのケアも重要です。

また、仕事で忙しくてイライラした状態の上司へ退職を伝えてしまうと「こんな忙しいのに退職したいなんて非常識だ」と思われる可能性があります。お互いが落ち着いて話せる環境で退職を伝えるためにも、個人面談のアポイントを取るとよいでしょう。

個人面談の場では、はっきりと退職の意思を伝えることが重要です。明確な退職の意思を上司へ伝えることで、辞める意思が固まっていることを相手にも強く伝わります。引き止められるケースもあると思いますが、意思の固さが伝われば引き止めもしにくくなります。

退職が決定したら、退職届を提出しましょう。退職届を提出することで、退職の意思を会社へ伝えたことが正式に処理されるためです。

上記のように上司との丁寧なコミュニケーションを心がけることで「非常識だ」と怒られずに済みやすくなります。円満に会社を退職するためにも、丁寧なコミュニケーションを心がけたうえで退職の意思を上司へ伝えてください。

それでも怒られた場合の対処法

1ヶ月前に退職を伝えても怒られないための対策を実践して怒られてしまった場合の対処法として、以下の3つを解説します。

  • 気にせず退職する意向を示す
  • 会社に従い退職日を遅らせる
  • 退職代行に依頼して1ヶ月前に辞める

会社によっては対策をしても「1ヶ月前に退職を伝えるなんて非常識だ」と怒ってくる場合があります。先ほども例に挙げたように、感情的になって怒っている場合は特に解決するのが困難です。ここで解説した対処法を実践し、会社を円満退職できるように努めましょう。

対処法①気にせず退職する意向を示す

退職を伝えても怒られないための対策を実践したのにも関わらず、怒られてしまった場合は、気にせず退職する意向を示しましょう。

あたなに明らかな落ち度がないにも関わらず、退職を認めてくれない場合は、そのような会社で働き続けても良いことはないでしょう。更には心身ともに疲弊して体調を崩してしまう恐れもあります。改めてですが法律では、2週間前に退職の意思を申し出れば退職できると定められています。

例え、会社の規定で「退職する際は3ヶ月前までに申し出る必要がある」と記載されていたとしても会社規定より法律の方が守らなければいけないとされています。双方円満に退職を迎えるために、就業規則に沿う形で退職日を迎えることが理想ですが、会社側が明らかに不誠実な態度であなたを攻撃してくるなどの特殊な事情がある場合はその限りではありません。そんな時は法律を盾に退職する意向をしっかりと示しましょう。一人で立ち向かうのが困難な時は、退職代行サービスに頼ってみてください。

対処法②会社に従い退職日を遅らせる

上司から怒られないための対策方法を実践してもなお怒られた場合は、会社に従い退職日を遅らせることを検討してください。会社に従って退職日を遅らせることで、人手不足の時期に辞めずに済むため、円満退職がしやすくなります。

ただ、心身ともに疲れていて今すぐ会社を退職したいと考えているときは会社に従って退職日を遅らせる必要はありません。現時点で心身ともに疲れているのにも関わらず、継続的に会社へ勤務し続けたらさらに疲れが悪化する恐れがあるからです。

会社に従って退職日を遅らせる際は、現時点で健康上に何も問題なく会社指定の退職日まで働き続けられそうなのかを検討するとよいでしょう。円満に退職をしたいのであれば、会社に従って退職日を遅らせることを検討してください。

対処法③退職代行に依頼して1ヶ月前に辞める

会社へ退職を伝えて怒られない方法を実践したのにも関わらず上司へ怒られてしまった場合は、1ヶ月前に退職する旨を伝えたうえで退職代行を利用しましょう。

退職代行を利用すれば、会社が1ヶ月前に退職することを伝えるなんて「非常識だ」と怒ったとしても問題なく会社を辞められます。上司からの引き止めに屈することなく会社を退職したい方は、退職代行の利用を検討しましょう。

退職代行の利用を検討している方は、下記のページを参考にしてください。

【ありえない?】退職代行とは?サービスのメリット・デメリットや退職までの流れ

みんなはどんな風に怒られた?退職を1ヶ月前に伝えて怒られた体験談紹介

退職を1ヶ月前に伝えて怒られた体験談を3つ紹介します。実際に上司に怒られてしまうと「私が非常識なだけなのかな」と不安になってしまう方もいるでしょう。

でも大丈夫です、安心してください。世の中には退職を1ヶ月前に伝えて怒られた方々もたくさんいます。ここで紹介した体験談を参考にして、まずはその心配としている人がたくさんいることを知ってください。そして不安になりすぎずに、これまでにご紹介してきた対策を講じてみてください。

体験談①

「会社の決まりが退職する場合は1ヶ月前までにってなっているんだけど、退職希望日の1ヶ月以上前に言っているのに忙しいしすぐになんか人来ねぇんだから数ヶ月前に言えよって怒られたし聞いてもらえない」

参照:Twitter

この方は、会社で規定されたとおりに1ヶ月前に退職の意思を伝えたのにも関わらず、退職希望日に会社を辞められなかったようです。このような状況になった場合は、退職希望者に落ち度は一切ないので、退職代行サービスを利用してスムーズに会社を辞めるのもよいでしょう。

退職の意思を伝えたのに、仕事が忙しくなってきたからと言って退職希望日に会社を辞めさせない職場で働き続けていても、よいことはありません。心身ともに疲弊する一方です。あなたのためにも、退職するためにしっかりと行動してください。もし不安な場合は、退職代行サービスを頼ってみてください。

体験談②

「1ヶ月前に退職を伝えるのって遅いの?めっちゃ怒られたし、転職活動をしていることを報告しないのもありえないって言われたし、次決まっているのに入社日ずらしてもらえとか滅茶苦茶ちゃいます?

人がいないのはわかってるよ。それでも辞めたいねん。これで転職できなかったら訴えられるの?」

参照:Twitter

上記の方は、転職先が決まっているのにも関わらず、人手不足だから入社日をずらしてもらえと上司から言われたようです。このような形で、今の会社と円満に退職交渉が進められそうになかったら、退職代行サービスの利用があなたを助けてくれる可能性が高いです。

退職代行サービスはあなたに代わって、退職の旨を会社に伝えてくれます。当事者同士で話すと、上記のような無茶なことを言われたりするケースもあるので、断りにくかったりして大変です。不安な方は一度ご相談してみてください。

体験談③

「転職先が決まったので、今日、退職以来を技士長にしたんだけどめっちゃ怒られた。会社の規定通り、1ヶ月前に申し出たし、なんなら2ヶ月前なのに…

「お前、就活の許可を貰っていないのに就活して次決まったら転職するなんて許さん、勝手すぎるぞお前は社会人失格だ!」ってさ」

参照:Twitter

上記の方は、2ヶ月前に退職の意思を伝えたのにも関わらず、転職活動を勝手にしていたことを怒られたようです。退職を伝えるタイミングが2ヶ月であっても関係なく怒られたみたいなので、恐らくいつ退職を伝えても変わらず怒られていたでしょう。

退職を1ヶ月前に伝えると怒られた!非常識だと言われないための対策|まとめ

退職を1ヶ月前に伝えて「非常識だ」と怒られた場合は、繁忙期を避けたり、人材が十分に確保されたタイミングで退職の意思を伝えたり、丁寧なコミュニケーションを心がけたりするとよいでしょう。

また、退職を伝えても怒られないように対策したのにも関わらず怒られてしまった場合は、気にせず退職する意向を示すか退職代行サービスの利用を検討してみてください。

本記事を参考にして非常識だと言われないために対策することで、会社とトラブルになりにくく円満退職が実現しやすくなることを願っています。

退職代行サービス「EXIT」