インタビュー インタビュー

【退職代行EXIT 利用者体験談】脱毛サロン勤務Nさん|暑苦しすぎる熱血指導!昇進の夢を閉ざされた地獄の日々を抜け出したかった

脱毛サロンで勤務していたNさん(20代、男性)は店長候補として最初から配属されていた店舗を異動することになった。本来は店長としての仕事を数ヶ月間教わる予定だったが、ある事件をきっかけにその話もなくなり、そこから地獄の日々を過ごすことになってしまったそう。
Nさんに一体どんなことがあったのでしょうか。

ぶりゅー

まず最初に、今回退職した職場へ入社されるまでの経緯から伺ってもよろしいでしょうか?

Nさん

もともとは農業法人の会社に勤めていました。その会社では正社員でしたが、半年の試用期間の終わりと同時に自己都合退職を勧める解雇を告げられ、退職しなければいけなくなってしまいました。

ぶりゅー

どういうことでしょうか?

Nさん

試用期間が終わった次の日に出社したら本日付かつ自己都合で退職するように退職届を渡され、保険証も置いていくように言われました。他にも同じような退職をさせられた人はいましたが、繁忙期に入社した人たちだったので最初から試用期間終了後に首を切る予定だったのかもしれません。

ぶりゅー

それは悪質ですね。

Nさん

予告期間もなく突然退職することになったので今思えば不当だったのでしょうが、当時の私は色々突然すぎたこともあって非常に焦っていました。この退職が不当かどうかよりも、無職になったわけですからすぐに転職先を見つける方が先決だと思って必死に転職先を探していました。

ぶりゅー

そこで今回退職した職場へ入社することになったわけですね。

Nさん

美容業界で働くのは未経験でしたが、雇ってもらったことにとても感謝していました。技術を提供する仕事なので研修体制も非常に充実していましたし、入社できてよかったと思っていましたね。

ぶりゅー

お仕事はどんなことをしていたのでしょうか?

Nさん

予約や問い合わせの電話対応や脱毛の施術、あとはお客様の悩みや要望に沿ったプランの提案をするカウンセリングをしていました。

ぶりゅー

技術が必要とされる仕事なので最初は苦労しませんでしたか?

Nさん

最初は覚えることはたくさんありましたが、どうしても営業時間中に勉強することはできませんでした。営業時間が遅めに始まって遅めに終わるお店だったので営業終了後に勉強していたら終電で帰ることもよくありましたね。

ぶりゅー

職場は男性専門の脱毛サロンとのことですが、忙しいこともよくあるのでしょうか?

Nさん

近年は男性でも肌に気を遣ったり、メンズメイクの発展もあって美意識を高く持つ男性も増えているのでお客様は多いです。メンズ脱毛の主流はヒゲ脱毛ですが、全身脱毛を希望されるお客様も中にはいらっしゃいました。来店される方の理由は様々でしたね。

ぶりゅー

男性も脱毛する時代が近づいているわけですね。

Nさん

海外ではエチケットとして毛を処理するのが当たり前の国もありますし、男性も毛から身だしなみに気を遣うのが当たり前になる世の中になるかもしれませんね。客層も学生から60代くらいの方までいましたし、施術は1時間や2時間くらい行うのでその間に人それぞれ新鮮な話を聞くことができるのは接客業の醍醐味でしたね。

ぶりゅー

それでは退職を考え始めた経緯を伺ってもよろしいでしょうか?

Nさん

店舗異動をしたことがきっかけで退職を考え始めるようになりました。私が異動する先の店舗でもともと店長を務めていた人が別の店舗へ異動することになり、その人が異動する前にまず私が店長としての指導を直接受けることになりました。最初に言われた時は出世できることが嬉しかったです。

ぶりゅー

今いる店長が異動した後はNさんがその店舗の店長になる予定だったんですね。

Nさん

最初はその予定でした。でもその店長の私に対する指導が熱心なのは伝わりましたが、あまりに暑苦しすぎました。店長が異動するまでの数ヶ月間を乗り切ればいいという思いで頑張っていましたが、異動する直前になって事件が起きます。

ぶりゅー

何があったのでしょうか?

Nさん

店長が今の店舗から異動したくないと社長に駄々をこね出したのです。
ホームページの店長写真や異動手続きを済ませた後だったことからさすがに要望が通るわけないと思っていましたが、通ってしまいました。色々な数字面の成績はいい人だったので社長も逆らえなかったのかと思います。

ぶりゅー

そんなこともあってしまうんですね…。

Nさん

異動しないならば私がこの店舗にきた意味もなくなってしまいますが、結局私も今いる店舗に異動したまま残ることになりました。店長が数ヶ月でいなくなると思って耐えてきましたが、この日々が先も見えずにずっと続くのはとても憂鬱でした。また、私が店長に出世できる予定も当分なくなったのでモチベーションも下がりましたね。

ぶりゅー

店長はどんな指導をされる方だったのでしょうか?

Nさん

一例ですが、コロナウイルスの影響から店舗の売り上げが伸び悩んでいました。その対策で1人でも脱毛に興味を持ってくれたお客様を逃すまいと、カウンセリング時の話し方から改善するために会話を録音させてきたり、休憩室で急に問題を出してきて間違えると指導が入ったりすることがありましたね。

ぶりゅー

それは苦痛ですね。

Nさん

休憩室では怒られ、お客様の前では笑顔で居続けなければいけない状況に限界を感じました。また祖母の介護をできる限りしていたのですが、家に帰っても人の面倒を見なければいけないので精神的にも肉体的にも休まる時間がなかったことから退職を決意しました。

ぶりゅー

退職を決意してからは何か行動をしていましたか?

Nさん

別の店舗で働いていた同期がEXITを利用して退職した話を聞きました。その同期に利用した時の話を聞いたら問題なさそうだったのでEXITを利用する選択をしました。

ぶりゅー

退職代行サービスを利用してみた感想はどうでしたか?

Nさん

私は辞める意思が確定してない状況でEXITには問い合わせをしました。ですが、無理に退職を勧めるような答えが返ってこないことに驚きましたね。人の人生とは言えど退職代行サービスも1つのビジネスなので、退職を促すこともあると思っていましたが私自身の意思で決断することができました。依頼をしてからも丁寧かつスピーディーな対応でしたので満足しています。

ぶりゅー

後悔のない選択をご自身でできたようで何よりです。

Nさん

サービスを利用した人が友達にEXITを紹介すると友達が利用する際の割引と、私にもキャッシュバックされる制度もあるようなので悩んでいる人がいたらぜひ紹介したいですね!

ぶりゅー

現在は何をされているのでしょうか?

Nさん

最近転職先が決まって、食品工場で働いてますね。

ぶりゅー

それはおめでたいですね。工場で働くことに決まった心境はどうですか?

Nさん

今回退職した職場は成績に応じて給料に大きく幅があったので毎月ドキドキしていましたが、今の職場は一定の給料をいただくことができます。どっちがいいかは個人の価値観次第ですが、精神的にも安定して働くことができそうです。

ぶりゅー

最後に読者へメッセージをお願いします。

Nさん

今は転職するのが当たり前の時代になっていますし、自分で退職の申し出をすることが難しければ退職のサポートしてくれる代行業者もあります。そのことから今の職場にいることが辛いようであれば将来を考えて退職した方がいいと思いますね。ただし、覚悟を持って計画的に退職しないと後悔する可能性もあるので安易な選択だけはしないよう気をつけてください。

まとめ

もとよりいた店長が異動しないことにより、熱血指導の日々が続くうえに昇進の夢も閉ざされてしまったことによって退職を決意したNさんに今回は話を伺いました。
退職するかどうか迷っていたとしてもEXITはお客様に対して退職を無理に勧めることはありません。
もし退職について悩んでいる方がいらっしゃいましたら相談も受け付けておりますので退職代行EXITへ一度ご連絡ください。

ライター:ぶりゅー

レッドブルを飲んだら翼を授かりました。趣味はダイエットで特技はリバウンドです。

◎EXIT −退職代行サービス−とは?

EXIT株式会社が提供するサービスで、「辞めさせてもらえない」「会社と連絡を取りたくない」などの退職におけるさまざまな問題に合わせ、退職に関する連絡を代行してくれる。相談当日から即日対応が可能で、 会社との連絡は不要。離職票や源泉徴収票の発行確認など、退職後のフォローも行ってくれる。

退職代行サービス「EXIT」

アートボード 1

タグ